2016年12月17日

ワイン専用品種でワインを醸したワイナリーサドヤ(山梨県甲府市)


サドヤは日本で初めて、ワイン専用品種でワインを醸したワイナリーです。

1936年(昭和11年)に開墾したサドヤ農場に、フランスより導入した約40種類の

醸造用ぶどう品種を植えました。

その後、栽培に成功したぶどうから、当時の日本ではまだ浸透していなかった、

本格辛口ワインの醸造を始めました。

サドヤでは80年前から、ボルドー系の品種である、カベルネ・ソーヴィニヨンと

セミヨンの栽培を続けています。

サドヤの自社農園、サドヤ農場は日本のカベルネ・ソーヴィニヨンとセミヨンの発祥の地です。



ワインはお料理にも使っていただけますので、

「ワインのある豊かな暮らし」を多くの人に提案しております。



ぶどうジュース、ぶどうサイダー、アイスにかけて、ゼリーに使っていただける、

美味ぶどう液も人気です。


詳しくはこちらのHPをご覧ください
  ↓   ↓   ↓   ↓





posted by ネット主婦 yokko at 13:23| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: